『Shieldsgazette』は「ニューカッスル・ユナイテッドからマルセイユに移籍した元フランスU-21代表FWフローラン・トーヴァンは、イングランドでの経験について話した」と報じた。

昨年夏にマルセイユから1200万ポンド(およそ20.7億円)でニューカッスル・ユナイテッドに加入したトーヴァンであるが、調子の上がらないチームの中で苦戦し、12試合でノーゴールと期待を裏切ってしまった。

そして今冬古巣のマルセイユへと半年の期限付き移籍をすることを決断し、イングランドを半年で去ることになった。

苦い思い出となったイングランドでの時間について、彼は「マルセイユでのことを考えることが出来た」と話し、古巣の良さを再確認したと語った。

フローラン・トーヴァン

「自分がよく知っているこのチーム、その中にいる友人たちのところに帰ることが出来て、とても嬉しいよ。たとえ、いくつかの変更があったとしてもね。

僕はミチェル監督と会い、全てはうまく進んだ。僕は彼に準備が出来ていると伝え、新しいスタートを切る時が待ちきれないと言ったよ」

「(ニューカッスルでの半年間の経験は?)

これは僕にとって新しい経験だった。新しいものを学んだよ。

それは僕に少し考える時間を与えてくれた。自分がここで何をしてきたか、そしてマルセイユでやってきたことをよりよく分析する時間になった。

自分にとって、そのことをより明確に考えるのは良かったよ。この経験は、自分に多くのものを学ばせてくれたと思っている」