未だ残る選考への疑問、変えるのは自分次第

そんな中島は現在の代表チームが発足した2014年以来、絶対的な中心選手となっている。そのプレースタイルとメンタリティが「10の平均的なプレー」より、「9つの失敗と1つの成功」を評価する傾向にある海外や、国際舞台に向いていることは確かだ。

しかしJリーグで結果を残せていない彼を特別視している(と見られている)手倉森誠監督の選考に疑問が投げかけられているのも事実である。今大会のMVPに輝いた中島だが、この議論は今シーズンのJ1で目覚ましい活躍を見せない限り、本大会まで続くことであろう。