2日に行われたプレミアリーグの第24節。

リヴァプール相手にレスターFWジェイミー・ヴァーディが決めたスーパーボレーが年間最優秀ゴール級だと話題だが、マンチェスター・ユナイテッドFWアントニ・マルシャルが決めたゴールもなかなかのものだった!

ユナイテッドはこの日、ホームでストークと対戦。

1-0でリードして迎えた23分、自陣から攻撃を組み立てカウンターを仕掛けると、ウェイン・ルーニーが右サイドを駆け上がりファーサイドへとクロスを入れる。

すると…

アントニ・マルシャルがこれをトラップし、左斜め45度のエリアから右足を一閃!

ボールは美しい軌道を描きながらファーサイドへと吸い込まれ、2点目となるゴールが決まった。

ボールを受けた瞬間、マルシャルは確かにフリーだった。

しかし、その軌道はあまりに完璧であり、ゴールマウスを守っていたジャック・バットランドはただ見送ることしかできず…。

“ティエリ・アンリの再来”と呼ばれるアンリだが、左サイドからインフロントに巻いたゴールはまさに偉大なるレジェンドを彷彿とさせるものだった。