『Tuttosport』は「イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは、ユヴェントスに連れてきたい選手について話した」と報じた。

ファンからの質問に答えたキエッリーニは以下のように話し、もし連れてくるならばセルヒオ・ラモス、マレク・ハムシーク、そしてズラタン・イブラヒモヴィッチの3名だと語った。

また、練習で1番対戦するのが難しい選手はポール・ポグバであるとも明かしている。

ジョルジョ・キエッリーニ

「(ユヴェントスに選手を連れてこられるとしたら誰?)

僕はジュゼッペ・マロッタやファビオ・パラティーチの仕事を奪わなきゃならないのかな?(笑)

OK、もしファンタジー・フットボールのようなものだとするなら、僕はレアル・マドリーからセルヒオ・ラモスをディフェンスに加えるね。

そして中盤にはナポリからマレク・ハムシークだ。

攻撃陣には、僕はズラタン・イブラヒモヴィッチだね。彼はチームのバランスを変えられる選手だ。彼がユヴェントスのシャツを再び着ているところを見てみたいね」

「(ガエターノ・シレアの6番を着けることを断った?)

ああ。それは事実だ。そのような機会は与えられたが、しかし僕はそれが正しいと思わなかったんだ。神話を冒涜するようなものだよ。

これはリスペクトの問題だ。僕はそれをしたくなかったんだよ」

「(相手としては誰が1番厳しい?)

ポール・ポグバだね。彼に対して正しい言葉をいうとすれば、とにかく印象的だ。

それは試合の中でも見られるだろう。明らかにね。しかし、練習では彼の品質や完璧な技術的能力が一層見られるよ」