『Independent』は「前半戦でアーセナルからアヤックスに貸し出されていたFWヤヤ・サノゴは、6ヵ月で30回しかボールに触っていなかった」と報じた。

夏にアヤックスへ移籍したサノゴは、開幕前の親善試合でハットトリックを決める活躍を見せたものの、フランク・デ・ブール監督の信頼を得ることが出来ず。

前半戦での出場数はわずか3試合という結果に終わり、その中でのボールタッチは1試合平均10回で、合計しても30回しかないという記録になったという。

近年能力に批判を受けることが多いサノゴであるが、これだけチャンスを与えられなければなかなか結果は残せないはずだ。

なお、今冬アーセナルへと戻ってきたヤヤ・サノゴは、そのまま2部のチャールトン・アスレティックへとレンタル移籍していった。

フランシス・コクランのブレイクのきっかけを作ってくれたクラブで、この「眠れる巨星」は目を覚ますことができるだろうか?