『IB Times』は「マンチェスター・ユナイテッドの元ウルグアイU-20代表DFギジェルモ・バレラは、ルイス・ファン・ハール監督について『難しいキャラクターがある』と話した」と報じた。

2013年にペニャロールからマンチェスター・ユナイテッドに加入したバレラは、昨季レアル・マドリー・カスティージャに貸し出されて継続的に出場していたが、今季はプレミアリーグで出番がない状況が続いている。

1月にはレンタルで退団することを希望していたものの、怪我人の続出からルイス・ファン・ハール監督に慰留され、チームに残ることを決断した。

彼は『Ovacion』、そして『El Pais』に対して以下のように話し、監督の性格や今冬の決断について語った。

ギジェルモ・バレラ

「(ルイス・ファン・ハール監督については?)

噂では、南米の選手とは常に何らかの問題を抱えているという話だね。正直に言えば、僕は特に何もない。

彼には難しいキャラクターがあるんだ。時にそれは選手にとってそれほど容易なことではないね」

「(1月に退団することを認められなかった?)

僕の年齢を考えれば、より多くの出場機会を得ることはとても重要なんだ。

しかし、監督が僕の滞在を望み、そして当てにしてくれるのならばね。それは重要で、良いことだ。それに僕は気付いている」