リヴァプールがこの冬の移籍マーケットで獲得したMFマルコ・グルイッチ。

昨年行われたU-20ワールドカップで優勝したセルビア代表メンバーであり、将来を嘱望されるタレントである。

グルイッチはシーズン終了後までツルヴェナ・ズヴェズダでプレーし、新シーズンからリヴァプールに加わることになる。

さて、そんなグルイッチに関して注目されていたのが背番号である。かつて現地メディアから「8番が用意されるのではないか」と報じられていたのだ(記事はこちら)。

リヴァプールにとって背番号8は、スティーヴン・ジェラードが長く背負った特別な番号である。新加入選手がレジェンドナンバーをつけるのかにファンも注目していたのだ。

そんななか、グルイッチが新シーズンから背負う背番号についてコメントしている。セルビア『Blic』の中からご紹介する。

マルコ・グルイッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)

「(リヴァプールの8番を選ぶことは)とても難しいことだった・

つけることは可能だと思った。しかし、レアル・マドリーやバルセロナからやって来た選手でも、この重荷に耐えられる選手はいない。

ゆっくりスタートしていき、だんだん前進していくのがいいさ。

35番をつけるかもしれない。それか88だね。いずれにしても、8に関係している番号さ」