『Corriere dello Sport』は「タイ富豪のビー・テイチャウボル氏は、ACミランの買収計画を放棄した」と報じた。

昨年夏にイタリアで大きな話題になったACミランの買収。中国系コンソーシアムとの競争の末、タイ富豪のビー・テイチャウボル氏が48%の株式を5億ユーロ(およそ654.7億円)で買い取るという約束を行った。

その後ACミランが計画していた新スタジアム建設プロジェクトもビー氏との会談の末にキャンセルされており、クラブの経営にも深く関わっていた。

しかしその一方でこの株式の買収交渉については遅れに遅れ、正式な契約が結ばれる日は全く不明瞭な状況となっていた。

そして、今回『Corriere dello Sport』が報じたところによれば、ビー・テイチャウボル氏はミランの持ち株会社フィニンヴェストが抱えている損失をカバーすることを拒否しており、取り引きをキャンセルすることを決めたという。

フィニンヴェストは昨年9400万ユーロ(およそ123.1億円)、そして今季は5000万ユーロ(およそ65.5億円)の損失を計上しており、ビー氏はこれを懸念して交渉を打ち切ったとのこと。

ミランの株式買い取りに関心を持っている投資家が他にも存在するようだ。ただし、フィニンヴェストが抱える大きな損失についてはそちらでも懸念されているようで、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長にはこの数年でそれを解消する必要があるという。