この冬、マンチェスター・ユナイテッドからスタンダール・リエージュへとレンタル移籍したGKビクトル・バルデス。

その彼がルイス・ファン・ハール監督との関係について語ったと、『Marca』が伝えている。バルデスはかつてファン・ハールがバルセロナの監督だった頃にトップチームに引き上げられた選手でもある。

ビクトル・バルデス(スタンダールGK)

「ファン・ハールとの間に問題はない。

自分が20歳だった頃、彼が僕を見つけてくれた。当時、『君をトップチームに入れたい』と言ってくれたただひとりの監督だった。

膝の前十字靱帯を故障した後、彼は声を掛けてくれた最初の人だった。ユナイテッド入りについてね。

彼に感謝しなければならないし、そのことを決して忘れはしないだろう。

怪我の後、彼は最初の試合を僕にくれたんだ」