冬の移籍市場も終わり、シーズンはこれからが佳境だ。

プレミアリーグで首位を争うアーセナルはボーンマスと今夜対戦する。そのアーセナルは前節、サウサンプトンと0-0で引き分けた。

相手GKフレイザー・フォースターが大当たりだったこともあり、リーグ戦3試合連続でゴール無しに終わったが、こんな場面もあった。

裏に走ったメスト・エジルにアレクシス・サンチェスが素晴らしいロングボールを供給。エジルは左後方からのパスを左足でトラップすると、そのまま左足でボレー!

パス⇒トラップ⇒シュートまでの流れは実に美しかったが、フォースターに阻まれゴールならず…。とはいえ、アレクシスのパス精度、そしてエジルのテクニックには圧倒される。

さて、アーセナルも止めたフォースターは長期離脱から復帰後、4試合連続でクリーンシートを達成する活躍ぶり。ロナルト・クーマン監督が 「彼はファンタスティックなGKだ。時に(彼からは)ゴールできないと感じるだろう。ドでかいからね。今日は最高のパフォーマンスだったろうね。彼がサウサンプトンのキーパーでいてくれることがハッピーさ」と絶賛していたのも納得だ。