『Mirror』は「チェルシーのフース・ヒディンク監督は、ルイス・ファン・ハール氏とペップ・グアルディオラ氏について話した」と報じた。

プレミアリーグでは先日マンチェスター・シティにペップ・グアルディオラ氏が就任することが決定し、大きな話題に。

一方、そのライバルであるマンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督には今季限りでの解任の噂がつきまとっている。

今季限りの契約ながらも、就任から徐々にチームを立て直しているヒディンク監督は以下のように話し、彼らはイングランドの文化をある程度尊重しなければならないだろうと答えた。

なお、チェルシーは本日マンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを迎える。日本時間では8日午前1時キックオフだ。

フース・ヒディンク

「彼らが見たいと思っているものは、我々も見たい。さらに多くのゴールを。そして、彼らはもっとボックス内でプレーしているところを見たいのだ。

もちろん、我々とファン・ハールの間には異なったアプローチがある。試合の見方も違う。それは明らかだ」

「ここにはイングランドサッカーの文化がある。マネージャーがそれを壊したければ、誰もがそれを受け入れるというわけではない。

イングランドのサッカーでは、とても魅力的なチームが好まれる。サッカーに熱心である時にはね。

ここではスピードとファイトが好まれる。これはイングランドのためのスタイルだ。それこそが、このリーグではとても重要になる。隣の人が眠っている時、それをわざわざ起こす必要はない。

かつてオランダでは、我々は数字を見て、65~70のポゼッションをすると言った。しかし、対戦した者が言った。

『我々はそちらがどれだけボールを持つのかは気にしない。我々は点を取って勝つ』と。

というわけで、ポゼッションのパーセンテージを過大評価してはいけない。それはただボールを持つというだけのことだ。

多くのチームはボールを持つことを望んでいる。しかし、ではそれをどうするのか?

安全なプレーをするのか、それとも可能な限り攻撃に向かっていくのか。後者のオプションが、私の好むものだ」

「(ペップ・グアルディオラ氏について)

彼のことは知っているよ。攻撃的なサッカーを好んでいる。ゴールキーパーと4バックでボールを保持する。そして、縦に行くという強さよりもワイドに広げていく。

ただ、ここはそれを許さない国だ。私は最優先の考えとして縦がなければならないと思う」

「(マンチェスター・ユナイテッド戦について)

マルシャルは現在キープレーヤーの一人だね。非常に良くやっている。迷いを持っていない。それは彼を危険な選手にさせているよ」