リーグアン22節、モナコ対ニースの『コート・ダジュール・ダービー』が行われた。

ホームのモナコは後半すぐに退場者を出すも、終盤のゴールで1-0で勝利。MFティムエ・バカヨコの決勝点をアシストしたのは、ポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョのフリーキックだった。

完璧な軌道のキックを見せたモウティーニョはこんな仰天のプレーもやっていた。

右サイドバックのファビーニョとのワンツーなのだが、なんとモウティーニョは胸でパスを出しているのだ!

しかも、そのタッチは実に絶妙。この距離で正確にボールを届けるのは、かなり難しいはず。カウンターの勢いを殺さない見事なプレーであった。

身長171cmと小柄なモウティーニョだが、文字通り全身を使って“胸”スルーパスを完成させている。これぞ、プロフェッショナル!