2016年に入っても勢いの止まらないユヴェントス。セリエA24節では敵地でのフロジノーネ戦に2-0で勝利した。

後半25分すぎまでネットを揺らせなかったユーヴェだが、フアン・クアドラードのゴールで先制すると、後半アディショナルタイムにはパウロ・ディバラが決定的な追加点を決めた。

アルバロ・モラタからのパスをフリーで受けたディバラ。相手GKがかなり前に出てきたが、そんなことはお構いなしとばかりにファーサイドに完璧なシュートを蹴り込んだ。

ディバラはこれでリーグ13得点。早くも昨季の数字に並んだ形となった。クアドラードの先制点はこちら。

ユーヴェはこれでリーグ14連勝。次節は勝ち点差2で首位に立つナポリとの直接対決となる。

スクデットを左右するであろう決戦に向けて、アッレグリ監督は「今からはエネルギーを回復することを考えるよ。それから土曜日のために備える。いい試合になるだろうね。だが、(タイトルの行方を)決定付けるものになるとは思わない。それが終わってもまだ13試合あるからね」などと述べていた。