リーガ23節、バルセロナは敵地でのレバンテ戦に2-0で勝利した。

ルイス・エンリケ監督にとって記念すべきバルサ通算100試合目で、チームは28試合連続無敗記録を打ち立てた。そんな一戦ではこんな場面もあった。

あのネイマールの眼前で、トリッキーなスキルを披露したのはレバンテFWジュゼッペ・ロッシ。

この冬、フィオレンティーナからローンでやってきた29歳のレフティは、先日のセビージャ戦でリーガ復帰後初ゴールをマーク。この場面でも鮮やかなテクニックを披露し、元気なところを見せてくれた(直後に、ラキティッチが猛タックルにいっているところも見逃せないが)。

レバンテはリーグ最下位と苦しんでいるが、ルビ監督は「引き分けにできた試合。選手たちの働きぶりには非常に満足している」などと述べていた。