『FourFourTwo』は「バレンシアのギャリー・ネヴィル監督は、ベティス戦での敗北にも自信を見せた」と報じた。

12月初頭にバレンシアの監督に就任したネヴィル氏であるが、それからのリーガ・エスパニョーラでは勝利どころかリードすらも奪えず、ベティス戦で未勝利記録が9試合にまで伸びてしまった。

コパ・デル・レイではバルセロナに7-0という大敗を喫したことで各方面からも辞任を求める声が上がっており、半年の契約すらも全うできないのではないかと言われている。

しかしネヴィル監督は以下のように話し、自分は5ヶ月間の仕事で評価を受けるものだと語った。

ギャリー・ネヴィル

「私は以前、自分はここでの5ヶ月で判定されると言った。既に訃報が書かれている。私は6週間で裁かれてしまったね。

我々の最後の2試合は、2連敗に値するようなパフォーマンスではなかったのだ。

しかし、現実には2連敗である。そして、良い結果が出ていない時にどのようなことが起こるかという点にも気付いている。

重要なのは結果だ。我々はきわどい瞬間にあることに気付いている。敗北と勝利の狭間にいることは、とても素晴らしい。

こういうときは、全員が団結し続けることが必要だ。それに疑いはない。

私は働き続けるし、信念を持ち続けていく。オーナーとの対話については、この二人の間だけにある。

我々はこの流れを出来るだけ早く変えなければならない。それは理解している。敗北を説明するのは難しい。しかし、それは変わっていくだろう」