7日に行われたチェルシー対マンチェスター・ユナイテッド戦。

この試合ではダビド・デ・ヘアのスーパーセーブが話題になったが、チェルシーの守護神であるティボー・クルトワもそれに負けない超セーブを見せていた!

0-0で進んだ18分、アントニ・マルシャルが左サイドから突破を図り、カットインから対峙していたブラニスラフ・イヴァノヴィッチを剥がしてシュート!

ボールは無回転でゴールへと向かったのだが、これに立ちはだかったのがクルトワだった。

とはいえ、シュートもセーブも高速すぎてよく分からないので別のアングルから見てみよう。

や、やっぱりクルトワが触ってる!

これだけのスピードであれば指に触れるのがやっとかに思われるのだが、クルトワはしっかりと手のひらで反応している。ものすごい反射神経…。

この日、1試合で6セーブを記録したというクルトワ。その全セーブはこちらから。