(※タイトルと記事内容を修正しました)

12日に行われたDFBポカールの準々決勝。

バイエルンはアウェイで2部ボーフムと対戦したのだが、こんなプレーがあった。

0-1でリードして迎えた42分、エリア内で倒れたのはアリエン・ロッベン。

ボーフム選手の足がかかったか非常に微妙なジャッジだが、結局判定はPKに。その後、トーマス・ミュラーがこれを外してしまったため追加点にはならなかったのだが、このプレーに怒り心頭だったのがボーフムを率いていたヘルトヤン・フェルベーク監督だ。

ロッベンとは同じオランダの出身であるフェルベーク監督は試合後、以下のようにコメントしている。

ヘルトヤン・フェルベーク(ボーフム監督)

「私からすると、あれはダイブだった。

ボールはプレー中の状態にあり、彼は自身の脚を見ていた。

私はオランダ人だが、(同じオランダ人であることが)恥ずかしい。

しかし、我々は皆ロッベンが代表チームでもこんな感じであると知っているさ」

なかなか痛烈なコメントである…。

なお試合は0-3でバイエルンが勝利。準決勝ではヴェルダー・ブレーメンと対戦する。