ドイツ2部、パーダーボルン対カイザースラウテルン戦で熱いプレーがあった。

パーダーボルンが右サイドからゴールに迫った場面。カイザースラウテルンのGKマリウス・ミュラーは至近距離からのヘディングシュートを驚異的な反応でセーブ!さらに、こぼれ球につめてきたシュートも防ぐと、ポストも味方につけてゴールを死守してみせた。

思わず吠えたミュラーに駈け寄るチームメイトたち、一方大チャンスを阻止されたパーダーボルンのサポーターは頭を抱えていた。

結局、試合は4-0でカイザースラウテルンが勝利。昨季は1部を戦っていたパーダーボルンだが、18チーム中16位と3部降格の危機に瀕している。