昨年、驚愕の50メートルドリブルシュートを決めて一躍話題になった、アメリカ女子代表FWクリステン・プレス。

美人すぎる選手としても注目されたプレスは、アレックス・モーガンの超速ゴールが決まったリオ五輪予選のコスタリカ戦でこんなプレーをやっていた。

左サイドからのクロスをボックス内で受けた場面。プレスはゴールを背にした状態でボールをトラップすると、振り向きざまに左足でのシュートを叩き込んでみせた。

なんというマジカルタッチ!しっかり反応しているところを見ると、狙い通りのプレーだったのだろうか…。

プレスは74分からの途中投入だったのだが、それから10分もしないうちにこのスーパーゴールを決めた。

アメリカ女子代表は現地13日にメキシコとのグループステージ第2戦を戦う。