ロアッソ熊本は、小野剛監督2年目の昨季、前半戦下位に低迷したものの7月以降の巻き返しに成功。ただ、13位と昇格プレーオフ圏内までは届かず、小野監督はシーズン終了後に退任を表明した。

今季は、高木琢也監督時代の2010年からヘッドコーチを務めていた清川浩行氏が指揮官に就任。FW齊藤和樹(磐田)、MF養父雄仁(長崎)、DFクォン・ハンジン(済州ユナイテッド)、GKシュミット・ダニエル(仙台)といった主力が抜けた穴には、FW齋藤恵太(福島)、MF村上巧(愛媛)、DF植田龍仁朗(岡山)、DF薗田淳(札幌)、GK佐藤昭大(鹿島)らを獲得している。

Roasso Kumamoto 2016 Puma Home

ロアッソ熊本ユニフォーム

その熊本の2016シーズン新ユニフォームがこちら。ホーム(1st)はなんと、イングランドの名門アーセナルそっくりのユニフォーム!

ロアッソ熊本ユニフォーム

パイピングの色など細かい違いはあるが同じヘンリーネックを採用し、“狙った感”がかなり出たデザインだ。

ロアッソ熊本ユニフォーム

試合で見るとこんな感じで、やはりアーセナル!

ちなみに写真は、日本代表MF清武弘嗣の弟、清武功暉。昨年7月にサガン鳥栖から期限付き移籍をすると、19試合で7ゴールを決める大活躍を見せ、レンタル延長で臨む今季は10番を託された。

さて、気になるのは、熊本の新ユニフォームがなぜこのデザインになったのか?ということだろう。

【次ページ】それは、意外な理由