バルセロナのFWリオネル・メッシは、リーガ24節セルタ戦で素晴らしいゴールを決めた。

得意の位置からのフリーキックを完璧に叩き込みゴール!

『FOX』などの各メディアによれば、このセルタ戦はメッシにとってのリーガ333試合目であり、このゴールは通算299得点目。その得点率は0.897という驚異的な数値だ。

メッシはこの日他にもルイス・スアレスに2アシストを供給しており、6-1の勝利に大きく貢献。なかでもスアレスとの「トリックPK」は大きな話題となっている(詳細はこちら)。

メッシと言えば、今季の公式戦でのファーストゴールも直接ゴールだった。

『Opta』によれば、メッシが今季直接フリーキックからゴールを奪うのはこれが5度目。これは全コンペディションで見た場合、リーガの選手でトップだそう。