この冬、ローン移籍が噂されながらもレアル・マドリーに残留したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール。

17歳のレフティは、スペイン3部レアル・マドリー・カスティージャの一員として、アモレビエタ戦に出場すると、2アシストを記録した。

特に2つ目のアシストは格の違いを見せつけるものであった。

右サイドから中央に切れ込んだ場面。一度はパスをカットされるも、巧みなダブルタッチでタックルをかわすと、絶妙なスルーパス!

シュートを決めた19歳のMFアレイシ・フェバスも素晴らしかったが、ウーデゴールがさすがのスキルを見せた瞬間だった。

試合はウーデゴールとフェバスの活躍でカスティージャが、4-1で勝利。今季3部落ちしたカスティージャだが、これで6連勝(昨年11月以降負けなし!)で、3部のグループ2で2位につけている。