アーセナルがボルシア・ドルトムントFWピエール・オーバメヤングの獲得競争で離脱の危機にあるようだ。

今シーズン、ドルトムントで絶好調をキープしているオーバメヤング。欧州のライバルクラブから熱い視線が注がれており、アーセナルは獲得を狙うクラブの一つと噂されてきた。

しかし、『Mirror』によれば、アーセナルは獲得レースから離脱する可能性があるという。その原因はマンチェスター・ユナイテッドが準備している条件にあるようだ。

マンチェスター・ユナイテッドはオーバメヤングに対し、週給20万ポンド(およそ3300万円)、移籍金と合わせて総額6000万ポンド(およそ99.3億円)というビッグオファーを準備しており、この金額はアーセナルの拠出できる金額を大きく超えているという。

ドルトムントの要求額も高いと感じていたアーセナルの首脳陣にとっては非常に厳しい状況といえるだろう。