イタリア・セリエAのインテルは、公式サイトで「胸スポンサーを務めているPirelliとの契約を5年間延長することが決まった」と発表した。

イタリア・ミラノに本拠地を置いている世界的タイヤメーカー、ピレリ(Pirelli)。現在F1グランプリにタイヤを供給していることでも知られている。

インテルとの関係が始まったのは20年前で、長らく胸スポンサーとしてチームを支えてきたものの、今季限りで終了する契約は延長されないのではないかという噂もあった

しかし、最終的にはインテルとPirelliはスポンサー契約を延長するための交渉が合意に達し、再び歴史が重ねられることになった。

これによって両者のパートナーシップは25年間継続されることになり、主要なヨーロッパのクラブでは最も長いものの一つになったとのこと。以前CEOのマイケル・ボーリングブロック氏は「これはおそらく世界最長」と語っていた。

スポンサーフィーに関しては固定された額に加えてスポーツ部門での成績に応じた変動報酬が加わっているという。

なお、Pirelliは昨年中国の大手化学会社である中国石油化工集団(Sinopec)に買収されており、今後もインテルは東アジアの市場を重視する方針になりそうだ。