『Kingfut』は「アンデルレヒトの監督を務めているベスニク・ハジ氏は、エジプト代表MFマフムード・ハッサン“トレゼゲ”の言語能力を酷評した」と報じた。

エジプトの名門アル・アハリで大きな活躍を見せ、昨年夏にベルギーの強豪アンデルレヒトに期限付き移籍することになったトレゼゲ。

しかしそれから半年以上が経った今でもポジションは得られておらず、まだ出場数も4回のみ。ピッチにいたのは107分だけだ。

圧倒的な技術と得点力を備えるという高い評価を受けていたものの、欧州では苦しんでいる。彼に対してアンデルレヒトの監督を務めているベスニク・ハジは以下のように話し、まだ言語の壁が大きいと評価した。

ベスニク・ハジ

「トレゼゲは才能ある選手だ。しかし、彼は言語の理解を欠いているんだ。

彼は勤勉な選手であり、練習も良くやっている。したがって、私はヘント戦で彼にチャンスを与えた。

しかし、彼は滅多に我々が言っていることを理解していない。

そうなれば彼に対処するのはとても難しいものになる。なぜなら、言語の壁は彼の出場に影響を与えるからだ」