リーガ25節、バルセロナは敵地でのラス・パルマス戦に2-1で勝利した。

バルサは出場停止でセルヒオ・ブスケツを欠いたこともあってか、相手に幾度となくゴールに迫られるなど楽な展開ではなかった。また、ルイス・スアレスが珍しく決定機を決められないシーンもあったのだが、それでも勝ってしまうのはさすがといえるだろうか。

さて、この試合の得点シーンを振り返ろう。

▼6分 ルイス・スアレス

▼39分 ネイマール

ミッドウィークにはアーセナルとのUEFAチャンピオンズリーグが控えているバルサ。

ラス・パルマス戦で後半25分からプレーしたDFトーマス・ヴェルマーレンは「僕はアーセナルで5年を過ごした。だから、自分にとって非常に特別な週になるね」と語っていた。

【次ページ】気になる失点シーンは?