『Talksport』は「チェルシーは、来季の監督としてイタリア代表のアントニオ・コンテ氏と基本合意している」と報じた。

これはジャーナリストを務めているジェームズ・ホーンキャッスル氏が『Hawksbee and Jacobs.』に語ったものであるそうだ。

今季限りでフース・ヒディンク監督とは別れる予定になっているチェルシーの指揮官選びは大きな話題になっており、先日まではディエゴ・シメオネが有力だと語られていたが……

ジェームズ・ホーンキャッスル
(ジャーナリスト)

「私は、チェルシーはアントニオ・コンテとの間に基本的な合意があると思っている。

ディエゴ・シメオネはフロントランナーであったが、しかし彼はアトレティコ・マドリーに残る理由がある。

彼はおそらくアトレティコ・マドリーにいるときと同じ力を持つことは出来ない。彼がそこにいるための理由はたくさんあるのだ。

もし、このようなプロファイルをもつ監督を探しているとすれば、同じレベルにある次善の策はアントニオ・コンテである。

そして、私が今日イタリアで集めてくることが出来るものから言えば、チェルシーのテクニカルディレクターであるマイケル・エメナロがユヴェントス・スタジアムに行くだろうということだ。バイエルン・ミュンヘンとの試合のためにね。

予想としては、コンテがイタリア代表のコーチとしてそこにいるということだ。そして、私は彼らが試合を観戦するためにそこにいると考えている」

そして、もう一人の候補であると言われているマッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス)については、代理人が『Evening Standard』に対して以下のように語っており、イングランドに移る可能性はないとコメントしている。

ジョヴァンニ・ブランキーニ

「マッシミリアーノ・アッレグリは、彼がいる場所に残るだろう。ユヴェントスに満足しているからだ。

間違いなく、ユヴェントスは現在レアル・マドリー、バルセロナ、バイエルンと肩を並べるようなトップクラブである。

昨年アッレグリのチームがチャンピオンズリーグの決勝戦に進出したときに、それは明確になった。そして、この季節にもそれは確認されている。