『Daily Mail』は「元フランス代表FWニコラ・アネルカは、レアル・マドリーの監督になったジネディーヌ・ジダンについて話した」と報じた。

かつてレアル・マドリーでジダンとチームメイトとしてともに戦ったアネルカ。フランス代表チームでも同僚だったという間柄だ。

1月にラファエル・ベニテスの後を継ぐ形でレアル・マドリーの監督に就任したジダンについて、アネルカは「良いスタートは切ったが、まだ始まったばかり」と話した。

また、自身がこれまで会った中ではカルロ・アンチェロッティ氏が最高の指導者だったと語った。

ニコラ・アネルカ

「(ジネディーヌ・ジダンが君の古巣であるレアル・マドリーの監督になったね?)

フットボールを愛している男だ。そして正しいクオリティも持っているよ。

彼はサンティアゴ・ベルナベウでのいい勝利でスタートを切ることが出来たし、それに私は喜んでいるよ。

しかし、まだ道のりは長い。始まったばかりなんだ。レアル・マドリーでは、のしかかってくるプレッシャーは半端じゃないよ。全く落ち着くことなんかできないんだ」

「(レアル・マドリーの監督を務めていた)カルロ・アンチェロッティは理想的な指導者だ。

私はよく知っている。そして、そこには多くのものがあった。彼は間違いなく自分にとって傑出している監督なんだよ。

偉大な選手でもあったからね。彼が言うことは誰もが分かるんだ。

彼は、指導している選手全ての長所を引き出してくれるんだ。人間的であり、そして知的だ。

そして、彼は選手が自己を表現するための快適さを感じられるように、出来ることは何でもやる男なんだ。

一旦フィールドに出れば、誰もがこれだけ考えているものさ。『私は全てを尽くそう』とね」