アントニオ・コンテ

誰もが分かっているけれど、誰もそれにツッコむことが出来ない――そんな場所が、世界にはある。

そういうことだ。