キャリアを形成するなかで、本来のポジションとは異なる“場所”でその地位を確固たるものにした選手も少なくない。

ここでは、『Squawka』が伝えた「コンバートされたポジションでキャリアを構築した10人」を紹介。

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ/現チェルシー/CB⇒右SB

2008年1月にチェルシーと契約したイヴァノヴィッチ。当初、この強くてアグレッシブでフィジカルなDFはブルーズのディフェンス陣の中心部でプレーするように見えた。

ただ、当時のアヴラム・グラント監督は彼がフィットしていないと考え、2007-08シーズン中には出場機会を得られず、やや前途多難なスタートとなった。

ロコモティフ・モスクワとセルビア代表ではCBでプレーしていたイヴァノヴィッチ。チェルシー移籍から8か月後にデビューし、右SBとして成長したことは驚きだった。チェルシーでは300試合以上に出場しているが、そのほとんどが右SBとしてである。

パワー、パススキル、フィニッシュ精度により、彼は前に行くことで本物の脅威を作り出していた。だが、最近では特にスピードが衰え始めており、CBに戻ることもあるが、そこが場違いには見えない。

オーウェン・ハーグリーヴス/引退/WG⇒DH

彼が前線で爆発しているのを想像するのは難しいだろう?

まだ若かったバイエルン・ミュンヘン時代に彼はウィンガーとして成長したのだ。ドイツでの218試合のうち、43試合は右ウィングとしてプレーした。

その後、その最高のパスセンスと、根気強いプレッシングメンタリティによって、アンカーにコンバートされた。2007年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドでも、前線よりも、深い位置からの司令塔としてプレーした。

キャリア通算でも13ゴールというその得点力も、後方へコンバートされたもうひとつの理由かもしれない…。

【次ページ】その2