▼10位 MFアンドレイ・ジロット(24歳/ブラジル/京都サンガ)
→100万ユーロ/1億2000万円

▼9位 MF長澤 和輝(24歳/日本/ジェフユナイテッド市原・千葉)
→100万ユーロ/1億2000万円

▼8位 GKキム・ジンヒョン(28歳/韓国/セレッソ大阪)
→100万ユーロ/1億2000万円

▼7位 FW柿谷 曜一朗(26歳/日本/セレッソ大阪)
→100万ユーロ/1億2000万円

▼6位 FW大前 元紀(26歳/日本/清水エスパルス)
→100万ユーロ/1億2000万円

▼5位 FWヘイス(26歳/ブラジル/北海道コンサドーレ札幌)
→100万ユーロ/1億2000万円

▼4位 FW玉田 圭司(35歳/日本/セレッソ大阪)
→100万ユーロ/1億2000万円

▼3位 MFソウザ(27歳/ブラジル/セレッソ大阪)
→115万ユーロ/1億4000万円

▼2位 DF扇原 貴宏(24歳/日本/セレッソ大阪)
→125万ユーロ/1億6000万円

▼1位 FWエスクデロ・競飛王(27歳/日本/京都サンガ)
→150万ユーロ/1億9000万円


同値の選手がかなり多く、50万ユーロという評価額の選手はこのほかにも14人いる。

そんななか、J2のなかでNo.1の評価を得たのは元浦和のエスクデロ。

昨年は中国の江蘇蘇寧でプレーしていたが、今年から京都の10番を背負う。27歳になった彼のプレーは大いに注目されそうだ。

そして、セレッソに帰ってきた柿谷は、7人いる100万ユーロという評価額のひとりとなった。

バーゼル移籍直後には、250万ユーロ(現レートで3.1億円)という評価だっただけに、そこからは徐々に下がっている。本人的にも心に期すものがあるはず、26歳になった天才の活躍に期待したい。