リーガ26節、カンプ・ノウに乗り込んだセビージャはバルセロナ相手に先制するも、その後逆転されて1-2で敗戦となった。

ウナイ・エメリ監督が「我々は競った。だが(相手は)おそらく世界で最高のチームだね」とこぼしていた一戦では、こんなシーンがあった。

タッチライン際でボールを持ったセビージャFWケヴィン・ガメイロは、巧みな「引き技」でジェラール・ピケを突破!

重心が突っ込んでしまったピケは完全に置いて行かれ、掴んで止めるしかなかった…。

なお、この日のピケは決勝点を決めているのだが、それはこんな形だった。

さて、セビージャはELとあわせるとこれで2連敗。ミッドウィークには、乾貴士がいるエイバルをサンチェス・ピスファンで迎えうつ。