欧州サッカー連盟(UEFA)は、今年夏に行われるEURO2016の試合を裁く審判団112名を公式発表した。

昨年12月にUEFAは18名の主審を発表していたが、今回はさらに副審、追加副審、第3審を含めた112名のリストが公開された。それに加えて、予備として主審2名、副審2名を選出している。

各試合では同じ国の出身者6名から構成されたグループによってジャッジが行われることになる。

なお、前回大会にあたるEURO2012で決勝戦をジャッジしたポルトガル人審判ペドロ・プロエンサ氏は昨年引退し、その後ポルトガルリーグの会長に当選している。

主審を務める18名と予備の2名については以下の通りとなっている。

  • パヴェウ・クラロヴェツ(チェコ)
  • マーティン・アトキンソン(イングランド)※2015年EL決勝主審
  • マーク・クラッテンバーグ(イングランド)
  • クレマン・テュルパン(フランス)
  • フェリックス・ブライヒ(ドイツ)
  • ヴィクトル・カサイ(ハンガリー)
  • ニコラ・リッツォーリ(イタリア)※2014年W杯決勝主審
  • ビョルン・クイペルス(オランダ)
  • スヴェイン・モエン(ノルウェー)
  • シモン・マルシニャク(ポーランド)
  • オヴィディウ・ハテガン(ルーマニア)
  • セルゲイ・カラセフ(ロシア)
  • ウィリアム・コラム(スコットランド)
  • ミロラド・マジッチ(セルビア)
  • ダミール・スコミナ(スロベニア)
  • カルロス・ベラスコ・カルバージョ(スペイン)
  • ヨナス・エリクソン(スウェーデン)
  • キュネイト・チャクル(トルコ)※2015年CL決勝主審

第4審:

  • アレクセイ・クルバコフ(ベラルーシ)
  • アナスタシオス・シディロプーロス(ギリシャ)

なお、副審などを含めた全員のリストについてはUEFAが掲載した英語のPDFを参照のこと。

審判員は4月18~21日にパリの施設で合宿を行い、講習やトレーニング、フィットネステストなどを受ける予定になっている。