UEFAチャンピオンズリーグのオフィシャルスポンサーを務めているクレジットカードブランド「マスターカード」。

「お金で買えない価値がある」というフレーズが登場するCMは日本でも広く知られており、"Priceless"は同社の標語になっている。

そんなマスターカードが仕掛けたCLにまつわるサプライズがなかなか素敵だ。

物語の舞台は、ノルウェーの首都オスロ。2月6日、ある少年がサッカーショップで父親と一緒にレプリカユニフォームを眺めていた。

結局この少年はバルセロナのユニフォームを買うことにしレジへと足を運んだのだが、背後から思わぬ人物が登場する。

リーセのサプライズ1

リヴァプールで2004-05シーズンにCLで優勝を経験しているヨン・アーネ・リーセだ。

ノルウェーのサッカー少年にとって、代表チームで110試合の出場経験があるリーセは憧れの存在であったに違いない。

そんなリーセが目の前に現れ少年は笑みを浮かべるのだが、この後リーセの口から告げられた言葉にこの少年は歓喜する。

【次ページ】なんで僕がカンプ・ノウに?