リーガ27節、マラガはバレンシア戦に1-2で逆転負けを喫した。

この試合で話題になったのが、バレンシアが同点に追いついた場面。マラガGKイドリス・カルロス・カメニが自陣ゴール内にボールを弾き飛ばすという、まさかのオウンゴールであった。

この場面について、『beIN SPORTS』がこんな映像を公開していたようだ。

ゴール前に上がったクロスをキャッチしようとしたカメニ。ジャンプしようとした直前、バレンシアのデニス・チェリシェフに左足を踏まれていたように見える。

それによって、うまく跳べず体勢が崩されたことで、ああいう形でボールに触れることになったようにも。失点後、猛抗議していたカメニ…。

実際、チェリシェフは「気付かずにカメニを踏んでしまった。自分が妨げてしまった」と試合後に述べたと、『La casa del fútbol』では伝えている。