先週末、セビージャに勝利し公式戦での連続無敗記録を「34」にまで伸ばしたバルセロナ。

1989年にレアル・マドリーが記録したスペインクラブとしての最多記録に並んでいる。

そんなバルセロナは3日に予定されているラージョ・バジェカーノとのリーグ戦に向けトレーニングを行ったのだが、こんなシーンがあったようだ。

こちらは、トレーニンググラウンドのあるシウタ・エスポルティーバでウォーミングアップをしている映像だ。

選手たちはチームメイトと話しながらそれぞれにジョギングをしていたのだが、ネイマールとルイス・スアレスは何やら悪そうな顔をしながらハビエル・マスケラーノのもとへ…。

すると、マスケラーノに蹴りを入れたり突き飛ばしたりとまさにやりたい放題!何があったかは分からないが、"イジリ”を超えた軽い"イジメ”に遭ったマスケラーノは頭をぽりぽりとかくしかなかった。

ちなみに補足しておくと、マスケラーノが31歳であるのに対してスアレスは29歳、ネイマールは24歳。

先輩選手相手にこれだけやりたい放題できるなんて…肝っ玉が座っている。