この冬、ローマから中国の河北華夏幸福へ移籍したコートジボワール人FWジェルヴィーニョ。広州富力との開幕戦に先発出場すると、いきなりゴールを決めてみせた。

パスミスにも思えたボールに段違いのスピードで追いついたジェルヴィーニョ。一旦は止められかけるも、持ち直し落ち着いてゴール!

その相手DFとGKも予想できないほどのスピードはやはり圧巻。このゴールが決勝点となり、河北華夏幸福は2-1で逆転勝利を収めた。

両チームに退場者が出る展開となった開幕戦で、ジェルヴィーニョは70分間プレーし、エセキエル・ラベッシとの交代でベンチに下がっている。

一方、ホームで開幕戦を落とした広州富力のドラガン・ストイコヴィッチ監督はいいプレーもあったとしつつ、相手はまるでマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのようなチームであり、守るのが非常に難しいとも述べていたそうだ。そのうえで、今日はミスから相手にチャンスを与えてしまったとも嘆いていたとのこと。