プレミアリーグ29節、マンチェスター・ユナイテッドのMFフアン・マタがWBA戦の前半26分で退場になる場面があった。

23分に1枚目のイエローカードを受けていたマタは、その3分後…。

元チームメイトであるダレン・フレッチャーへのファウルを取られて、マイク・ディーン主審から無情にも2枚目のイエローカードを貰い退場になってしまった。足を引いており悪質ではなかったが…。

2011年からイングランドでプレーしているマタ。『Opta』によれば、彼がプレミアリーグで退場になるのはこれが初めてとのことだ。

『Transfermarkt』で過去のデータを調べてみたが、彼がクラブレベルで退場になるのはおそらく初めてのこと。

なお、ユナイテッドは後半に失点し、結局0-1で敗戦。これで公式戦の連勝は4でストップした。