8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのベスト16第2戦、レアル・マドリー対ローマ。

試合は64分にルイス・バスケスのクロスをクリスティアーノ・ロナウドが合わせ、レアルが先制。

その4分後の68分にはロナウドのパスを、ハメス・ロドリゲスが流し込む。

そのままレアルが2-0で勝利し、2試合合計4-0で準々決勝進出を決めた。

レアルが危なげなく勝利した試合であるが、後半には胸が熱くなるこんな場面があった

【次ページ】レアルのファン・サポーターが示した“リスペクト”