かつてアーセナルでもプレーした元ブラジル代表のアンドレ・サントス。33歳になった彼は現在、スイス2部のヴィルでプレーしている。

© Gianluca Lombardi
FC Wil 1900さんの投稿 2016年2月20日

その彼が、スイスの地で得点を量産しているという。『Transfermarkt』を参考に調べてみたところ…。

2部リーグ17試合で8ゴール5アシスト、カップ戦でも2試合で3ゴールを記録。なんとここまで19試合で11得点を叩き出しているという!

リーグ8得点というのはチーム内でトップ、なおかつリーグの得点ランクでも4位タイの数字だ。これはもはやストライカー並の得点力…。

ただ、ヴィルではMFとして登録されており、どうやらトップ下もしくはセカンドトップのような位置でプレーしているようだ。直近でゴールを決めたローザンヌ・スポルツ戦を見ても…。

かつての左サイドバックではなく、前線にいるのが分かる。この他のゴールシーンを見ても、2トップの下がり目というような位置でプレーしていた。

ブラジル時代にもストライカーばりのポジショニングからヘディングを決めたことがあり、その攻撃センスを生かすために前線で起用されているのかも。