13日、国際サッカー連盟(FIFA)公式Youtubeチャンネルは、今年2月に愛媛FCアカデミー普及部コーチに就任した末岡龍二氏を特集する動画を公開した。

末岡龍二は1979年生まれの36歳。2002年にアルビレックス新潟に加入し、2004年にシンガポールへのレンタル移籍を経験。その後アジアのリーグで活躍してきた。

2009年からはインドリーグで活動し、デンポSCやイースト・ベンガル、プネFCなどの有名クラブにも所属。昨年末に現役を引退し、その後愛媛FCの普及部コーチに就任している。

現在はその傍らで靴の修理業を行っており、FIFAはそのインタビューを公式チャンネルで公開した。(※残念ながら埋め込みがきかないので、Youtubeに飛んでご覧下さい)

末岡龍二

「インドの街で車を運転していて信号で止まると、物乞いがお金を求めてくる。『何をするべきなのか』と自分で考えた。これは日本で見られるものじゃない」

「スパイクの修理が必要なとき、僕はストリートの修理屋に持っていってお願いした。そしてその技術に感動したというか。

それで、この考えを日本に持って帰ろうとした。それが始まりだった」