22日、ベルギーの首都ブリュッセルにある空港で大きな爆発が発生。

その後も地下鉄の複数の駅で同様の事件が発生し、同時多発テロとの見方が強まっている。

今回このニュースを受け、ベルギー代表チームは22日の午後4時30分より予定されていたトレーニングを中止すると発表した。

FIFAランキング1位のベルギーは、今回のインターナショナルマッチウィークでポルトガルとのテストマッチを控えている。

今回の合宿では22日の午後のトレーニングを一般公開する予定であったのだが、ファンの安全などを考慮し中止となったようだ。

同チームの公式Twitterアカウントは、以下のような内容を投稿している。

我々の思いは犠牲者の方々とともにあります。今日、フットボールは重要な事ではありません。トレーニングを中止します。

合宿初日ということで、この日の午前中に空港を利用する予定だった選手もいたはず。

詳細は不明だが、招集メンバーの中では現在のところシモン・ミニョレとデドリク・ボヤタ、ミッチ・バツフアイー、トビー・アルデルヴァイレルトはとりあえず無事であるようだ(日本時間22日午後6時45分現在)。

また、ポルトガルサッカー協会の公式Twitterアカウントは、29日(火)にブリュッセルで予定されているテストマッチの開催に向け協議していると発表した。