『Telegraaf』は「元オランダ代表FWヨハン・クライフ氏が肺がんのため死去した」と報じた。享年68歳。

リヌス・ミケルス監督の元でトータル・フットボールの申し子となったヨハン・クライフ氏。その後バルセロナで選手、監督として現在の基礎を築いた。

しかし昨年10月22日に肺がんを煩っていることが明らかになり、闘病生活を送っていた。先日は「2-0で勝っている状態」と発表しており、今月初めにはF1のテストが行われていたカタロニアサーキットに姿を見せていた。ところがその後状況が悪化、木曜日に息を引き取ったとのことだ。