このほど、スタディオ・フリウーリでイタリア代表対スペイン代表の国際親善試合が行われた。

結果は1-1の引き分け。そんななか、アリツ・アドゥリスが35歳にしてスペイン代表初ゴールを決めた。

後半25分、ジャンルイージ・ブッフォンが弾いたボールにしっかり詰めてゴール!

アスレティック・ビルバオに復帰以降、コンスタントにゴールを決め続けているアドゥリス。今季はバルセロナとレアル・マドリーの選手を除けば、リーガで最も多くの得点を決めている。

試合後には「個人的には嬉しいけど、もっといい結果(勝利)を望んでいたから悩ましくもある」としつつ、「代表チーム、そして素晴らしい選手たちと一緒に練習できて本当に嬉しい」とも述べていた。

また、ビセンテ・デル・ボスケ監督も「我々のゲームにうまく適応した」と讃えていたようだ。スペインはこの後、敵地でルーマニアとの親善試合を行う予定になっている。