ベルリンで行われた、ドイツ対イングランドの国際親善試合。

クロースのゴールなどでドイツが2点を先制する展開となるが、イングランドにはこの男がいる!マスクを装着したFWハリー・ケインだ。

相手がクリアし切れなかったボールに反応し、華麗なターンで前を向き切ると、振りの早いシュートをサイドネットに叩き込んでみせた。

2月末に鼻骨を骨折して以降、マスクを着用しているケイン。そのシュートテクニックはプレミアでも屈指を誇り、それを代表の舞台でもみせた形だ。なお、彼にとってこれは代表で先発した試合で決めた初めてのゴールだそう。