21日に行われたFAカップ決勝は、延長戦の末にマンチェスター・ユナイテッドがクリスタル・パレスを1-2で下し、今季初のビッグタイトルを獲得した。

この試合で大きな話題になったのは、78分にクリスタル・パレスのジェイソン・パンチョンが先制点を決めた際、アラン・パーデュー監督が見せたこのアクション!

ところが、この175秒後にマンチェスター・ユナイテッドがフアン・マタのゴールで同点に追いつき、延長戦で逆転に成功することになった。

このアラン・パーデューダンスに対して、あのジョーイ・バートン兄貴は・・・

ジョーイ・バートン

「独善的な行為だ。ダンスはね。ゴールの後の監督としてはな。彼が試合の後に泣いていることを望むぜ。俺は彼に同情しない」

「そういうもんだな。独善的なクズ野郎のように踊るなら、負け以外の何にも値しないぜ。本当の痛みを伴うものだ・・・」

「パーデューは後悔しているだろうな。アホなおっさんのダンスをしたことを」

なお、同点ゴールを決めたフアン・マタも・・・

ベンチに下がってからちょっと話題にしていた様子。