史上初のEL3連覇を成し遂げたばかりのセビージャに衝撃が走るかもしれない。『Marca』や『as』など地元メディアが、スポーツディレクターであるモンチ氏がチームを去ると伝えているのだ。

その情報源は、『El Desmarque』だとされており、モンチ氏自身がセビージャを去るだろうと発表したという。

かつてセビージャでGKとしてプレーしたモンチ氏は47歳。現役引退した翌年の2000年からセビージャのSDに就任し、これまで辣腕を振るってきた。彼とセビージャとの契約はもう1年残されているというが、退団の噂は何度か伝えられていた。だが、ここまで強い意思を見せたことはこれまでなかったという。

この退団の噂は、個人的な問題と海外からの魅力的なオファーと関連しているともされているようだ。

あのジョゼ・モウリーニョもモンチ氏の手腕を高く評価しており、マンチェスター・ユナイテッドが彼の引き入れに躍起になっているとのこと。

セビージャに9個ものタイトルをもたらしたモンチ氏は、このタイミングでクラブを去るのだろうか…。