昨年行われたU-21欧州選手権でベスト4に入り、リオ五輪への出場権を手にしていたU-23デンマーク代表。

組み合わせ抽選会の結果、日本時間8月5日(金)に開幕戦でイラクと対戦することになった。

そんなデンマーク代表は今年の夏でキットサプライヤーを務めていたadidasとの契約が失効に。

デンマーク発祥のブランドHummelと再び契約を結んだことが発表されていたが、このほどリオ五輪に向けた新ユニフォームが明らかになっている。

Denmark for Rio Olympics Hummel Home

赤色を基調とし、左胸には白色の縦ライン、また両袖にも白のストライプ入ったデザイン。

また、この写真では少し分かりづらいが胸の高さには光沢ある赤のラインが入っており、デンマーク国旗を彷彿とさせる。

五輪に出場するチームはサッカー協会のエンブレムをユニフォーム使用できないため、左胸には五輪用の特別クレストが使用されているようだ。

デンマークがHummelに“回帰”するのは2004年以来のこと。

今年9月から始まるワールドカップ予選でA代表が使用する新ユニフォームも、エンブレム以外は今回のものと同じデザインになるはずだ。