乾貴士も所属するスペイン1部のエイバル。選手2人が共同で謝罪する声明を出したと『as』が伝えている。

2人とはFWセルジ・エンリクとDFアントニオ・ルナ。その原因は、両者も映っているSEXテープが流出したことにあるという。2人はSNSを通じて謝罪したとされている。

(このアカウントに認証マークはないが、かつてエイバル公式が引用していることから本人のものと思われる)

テープが拡散されたことによって「自分たちだけでなく、特にクラブのイメージも害する可能性がある」ことについて謝意を表したとのこと。ただ、その上で「誰もが楽しむ自由の範囲内で、大人たちが完全に合意したプライベートな行為」だとも強調していたそう。なお、ビデオには2人以外の人物も映っているとされている。

※記事トップの画像はイメージです。