11月3日――ついにこの日がやってきた。

世界最大のプロレスリングエンターテインメント、WWEのフランクフルト公演が行われたのだ。そこでリングにデビューを果たしたのが、あの元ドイツ代表GKティム・ヴィーゼである。

現役時代の晩年からウェイトトレーニングに勤しみ、筋肉の塊のような体を作り上げてきた彼。2014年にゲストとしてWWEのリングに上ってから2年、厳しい練習を経てついにレスラーとしての戦いに挑む

記者会見でもまさにプロレスラーと行った雰囲気を醸し出していたヴィーゼは、シェイマス+セザーロとの3人タッグマッチでついにリングへ!

そして、その試合の模様はこちら。


さすが元ゴールキーパーだけあって、この胸板の分厚さでもなかなかのスピード。今後の予定は不明だが、このままスーパースターにのぼり詰めてほしいところだ。